経営にお悩みの方への情報を発信するメディアです。

人事担当が気をつける5つのポイント

前のページへ戻る

その①採用面接

人事担当の大切な業務のうちの一つとして、採用面接があります。
人事担当が気を付ける5つのポイントを振り返ってみましょう。
まず、一つ目に注意していただきたいポイントは採用担当の心がけです。
会社説明会や面接等の際は、自身が「会社の顔」であるということを忘れてはなりません。
主に求人者が接することになるのは、採用担当です。
人事の態度が悪ければ、即ち会社への印象も悪くなると言っても過言ではありません。
採用者は入社して会社に関わる人物ですが、不採用者に関しても、今後お客様や取引先、株主等、会社に関わってくることも大いにあります。
最近ではインターネットによる口コミで、会社の評価が見えやすくなっています。
採用で接する一人一人を尊重し、自分の評価が会社の評価に繋がることもあるのだという意識を強く持ちましょう。

その②募集内容に注意する

二つ目に、募集内容に十分気を払いましょう。
募集の際に良い面ばかりを過剰に出しすぎると、入社してからの不満や、最悪の場合退職に繋がります。
不誠実な会社という印象を与えないように、正確な情報を提供しましょう。
また募集の際には、複数の採用ツールを活用し、採用のトレンドも意識し取り入れていくと、革新的な会社だという印象に繋がります。

その③採用スケジュールの管理

三つ目は、採用スケジュールの管理です。
応募者に対するスケジュールは適切ですか。独りよがりにならないように気を付けましょう。
また自身のスケジュール管理も大切です。きちんと熟考できるよう遅すぎず早すぎずの日程調整をしましょう
また、面接の際の時間の遅れにも注意しましょう。
応募者は人生を左右する面接に来ています。時間の遅れにも過敏になっています。
面接の際は、役員のスケジュールも大切ですが、応募者の時間管理にもしっかり気を配りましょう。

その④面接中の注意事項

四つ目は、面接中の注意事項についてです。
今や故意な圧迫面接は応募者に嫌われます。圧迫面接のつもりがなくとも、態度が悪いと圧迫面接だと捉えられてしまう場合もありますので気を付けましょう。
また、事前に応募書類を読み込んでいない場合も応募者にはすぐに察知されてしまいます。
良い人材を見極めるためにも、応募書類は全て目を通した上で面接に臨みましょう。

その⑤採用通知の遅れ

五つ目は採用通知の遅れも要注意です。
人事担当が感じる時間の長さと、結果を待つ応募者の時間の長さの感じ方はおそらく違うものでしょう。
採用通知の期日が遅れると、応募者が他の内定を受諾してしまう可能性もあります。
以上人事担当が気を付ける5つのポイントでした。
自分がかつて応募者だったことを思い出し、初心にかえって誠実な対応を心がけましょう。