経営にお悩みの方への情報を発信するメディアです。

人事マネジメントで一番大切なこと

前のページへ戻る

働きやすい環境作り

人事マネジメントで一番大切なことは、働きやすいと感じる環境を作ることです。その理由は、人材が最もパフォーマンスを高めることができる環境を提供することで、会社の業績が向上することにあります。そのためのアプローチはいくつかあります。

まずそれぞれの人材が持つ能力を最大限に発揮できるような職場を与えることです。つまり適材適所の考え方で能力を生かせるような部署への配属を考えるということになります。

さらに能力を高めるために、チャレンジできるような環境を与えることもあります。これは当人の目標をヒアリングした上で決めるのがベストです。
あくまでも強制ではなく、本人の意思を尊重して配属先を決めるというわけです。新たなスキル習得につながるような職場で実践を積むことにより、当人の評価が高まると共に会社としても与える仕事の幅が広がります。

評価基準の明確化

そしてこの評価をするという部分でも、押さえておくべきポイントがあります。まず評価基準を明確にして、誰が評価しても同じ結果が出るようにすることです。透明性をアピールすることで、どのような評価が下されても納得してもらえます。さらに評価を高めるためには何が足りないのかが明確になるので、目標設定も立てやすくなります。また、このようなスキルアップを望む人に対して行う研修も充実させることが大事です。細かくテーマごとに分けて、必要なスキルを効率良く高めることができる形式にすると効率的です。その習得度に応じて評価にも反映させることで、スキルアップへの意欲につなげることができます。

このような取り組みによって、やり甲斐を感じる社内環境にすることができます。加えて要望や不満があれば相談できるような部署を設けておくことも大切です。どれほど周到に職場環境などに配慮しても、何かしらの不満を抱えることは避けられません。その相談窓口を作ることで、改善する意欲があることをアピールするわけです。実際に寄せられた意見を元にして、環境や業務の流れを見直すことも大切です。

人事マネジメントの課題

人事はここまで様々な配慮をしながら、社員が高いモチベーションを保ちながら成果を生み出せるように工夫することが必要と言えます。また常に課題意識を持って環境の改善に取り組む姿勢を持つことも重要です。社外環境の変化に応じて、社内環境も変化を求められることがあるからです。そのためには、目指す成果が出ているかをチェックし、効果的な対策を立てるという作業を繰り返すことになります。