経営にお悩みの方への情報を発信するメディアです。

人事部こそクリエイティブな思考を持とう

前のページへ戻る

クリエイティブな思考を持つ必要性

人事部は単にマニュアルに従って人事評価を行ったり人材の配置を決めるだけが仕事ではありません。クリエイティブな思考を持って取り組むことで、業務効率を大きく向上させることができるのです。会社で最も大切な資産は人材です。

そしてその人材が最も高いパフォーマンスを引き出せるような環境を作るのが人事の役割と言えます。
具体的にはやり甲斐を感じることができる仕組み作りが必要ということです。例えば人事評価があげられます。人は自分が出した成果に対して、どのような評価が下されているのかを知りたいものです。

仕事に対する評価

まず仕事に対するアプローチが正しいのかどうかを判断する指針となります。そして高い評価を得たならば、さらなるやり甲斐につながります。もし評価が低いのであれば、何が問題なのかを考えて対処しようとするものです。もし、そのような手助けが必要であれば、目標の設定をするためのアドバイスなどを行えば良いわけです。そのような指導を行う人材を育てるのも人事の役割です。適切な研修を行って、管理職を育てる環境を整備するということです。

正しい評価を下し、さらにその根拠を明確に説明することができる管理職を作ることが重要です。そのためにどんな研修を用意するのかも考える必要があります。まずはこのように適切な評価を下せる環境整備を行うために、工夫する必要があります。

適材適所の取り組み

次に適材適所をいかに行うかに取り組みます。

これは規模が大きな会社であれば、非常に難しい問題と言えます。あらゆる部署で求められるスキルを洗い出して、それに適応する人材を選び出すという難しい作業が必要になるからです。何よりも全ての人材の能力やスキルなどを評価するという膨大な作業が必要となります。

これは管理職による人材評価に頼ることになりますが、そのためには管理職の能力を均一にすることが必要と言えます。評価する人によってその結果が大きく異なるようでは困るからです。その上で、適切な評価を元にして人員の配置を考えることになります。

ここでもクリエイティブな思考を持って、どのようなアプローチによるのかを決めていきます。現在の能力のみを拠り所とするのか、それとも潜在能力までも加味するのかといった形でアプローチは変わります。潜在能力までも考慮するのであれば、人材教育につながることになります。このように色んな可能性を考えた上で、最も人材が働きやすい環境を考えることが重要であると言えます。