経営にお悩みの方への情報を発信するメディアです。

人事が嫌われる5つの理由

前のページへ戻る

人事は嫌われる存在

人事の仕事は会社には欠かせない存在ではありますが、会社と人との繋がりを保つ役割を持っているとあり、何かと嫌われることが少なくないのが現実です。
仕事内容としてよく知られているのが、採用業務です。就職や転職のために自社に興味を持っている人、面接にやってきた人に対応する仕事内容が、一般の人のイメージで強くあります。優秀な人材を集めることができれば、経営者や従業員から高く評価されるでしょう。

この他にも部門構成や人員配置などを考えて、業務を円滑にできるように工夫します。人材の教育や研修に対応したり、従業員の評価なども行います。勤怠管理や給与計算などにも幅広く関わる例が少なくありません。

気持ちの理解

嫌われる理由として大まかに5つを取り上げてみると、会社のことばかりを考え、従業員の気持ちを理解してくれないといったものが割と見かけられます。会社そのものと従業員の板挟みになりやすい仕事内容とあり、不満をぶつけられてしまうケースが多くなっています。

感情的な行動

人事は従業員をよく観察しなければならないため、些細な出来事でも気に障り、すぐに叱ったり注意する傾向が強くなりがちです。失敗は誰にでもつきものですので、すぐに叱りつけるのではなく、理由を聞いたり、改善点を一緒に考えてあげると、嫌われずに済むでしょう。嫌味をいうのは良くありません。

個人的な感情評価

必ずしも優れた人材が昇進するとは限りません。場合によっては性格が悪かったり、大した能力がないのに昇進した人物が上に立つことで、その下で働く従業員が苦痛を感じながら仕事をこなさなければならなくなりますが、その様子を見て見ぬふりをする人事はとても嫌われます。上司になった人物に何もいわず、下で働く従業員ばかりを注意したり、我慢するように促すような態度をすれば、更に嫌われてしまうでしょう。

頭の固い人事

規則だけを守らせる、頭の固い人事も嫌われる原因です。従業員同士が揉めていたり、何らかの障害が発生している時に、臨機応変に対応できない無能な人物だと評価されてしまいます。

社員の尊重

最後に、休みをとることを認めなかったり、賃金の格差の問題、採用の条件などについて、個性や人間性で考えることが少なく、機械的な対処しかせずに例外を認めないような態度をしていれば、従業員や就職、転職を希望する人からの不満が大きくなります。

これらを見ていくと、人事が嫌われる理由として人間味のない仕事内容が主な原因だと判断できます。嫌われる理由を参考に改善する努力をすることで、会社の雰囲気を良くすることに繋がるでしょう。