経営にお悩みの方への情報を発信するメディアです。

社員を大切に育てよう。人事が社員にできること。

前のページへ戻る

新人の育成

せっかく苦労して採用した新人も実際に現場に配属した後は、その距離も遠くなり直接会話する機会もほとんどないという人事の人も多いものです。現場に配属した後には、新人を育成するための上司がつきますが、だからと言って新人の育成に対して無関心でよいわけではありません。現場から離れた立場にいる人事だからこそ、社員にできることがあるのです。

不安や悩みを解消する

人事が社員にできることの一つ目として、新人の不安や悩みを解消することが挙げられます。つまり、新人が働く際に発生する不安や悩みを解消し、前進するきっかけを作ることが重要になります。新人を育成するための責任は、配属された職場にあるとは言えますが、実際に職場の実態としては、仕事が忙しく新人に関わりたいと思っても余裕がないのが現状です。

そのような忙しい中で、新人は職場の上司や先輩に遠慮してしまい、わからないこともそのままになってしまいがちです。さらに仕事が分からないので、自分のやるべきことが全く進まずに、様々な不安や悩みが生じます。しかし相談する先もなく、その不安や悩みをさらに抱え込むことになってしまうのです。職場の上司や先輩は最低限のコミュニケーションは取っていると思っていても、新人は職場で孤立している状態を感じていることが多いものなのです。

人事の役割

新人がこのような事態に陥った時に、この状況を打破することができるのが、安心して相談できる人事という存在です。これが新人の健全な成長や離職防止に非常に大きくかかわってくるといえるでしょう。相談する人が職場にいて、その中で不安や悩みを解消することができるのであれば、人事が相談役になる必要はありません。本来はこれが一番適した職場であるといえますが、現実にはそれは難しいものです。そのため第三者の立場として、相談相手になることが重要になるのです。

気軽に相談できる機会を持つ場として、面談が挙げられます。この面談を採用している企業も多いですが、この面談を最大限に生かす必要があります。なかにはどうせ本音を言わないし面談はそんなに効果がないという人もいるでしょう。

見落とさないポイント

大切なポイントとしては必要なタイミングを見逃さないということです。新人が会社を辞めると決めた段階での相談は意味がありません。このような事態になる前には必ず予兆があるといえます。
現場に余裕がないことも多いので、第三者の立場からも日頃から新人に関心を持ち、現状を理解するようにしましょう。もしもいつもと異なる変化が見られた場合には、そのタイミングでフォローをするようにしましょう。