経営にお悩みの方への情報を発信するメディアです。

評価をモニタリングできる!最新の人事事情

前のページへ戻る

モニタリングする

実際に働いている風景というのは、その人の働きっぷりが良く分かります。
背もたれにもたれて、ダラダラと爪をいじっていたり、髪の毛をもてあそんでみたり、傍から見てもあまり良い印象を与えないような場合、やはり仕事の内容も遅く、ミスが多いといった欠点が見受けられます。
営業職などの、実際に人と会って会話をし、契約を取ってくるような仕事であれば、その人の話し方や立ち振る舞いを見れば仕事の様子を窺い知ることが出来、また実際の契約件数などに応じて仕事が出来るかどうかの有無を判断することが出来ますが、事務職などの場合だと、パソコンと睨めっこしていることが多く、あまり見た目だけでは分からないと思われがちですが、実際にはその人が日頃からどんな姿勢でことに望んでいるのかを見てみると、その人の仕事っぷりをモニタリングすることが出来ます。

モニタリングの方法

朝の出勤の様子、服装の身だしなみ、髪形の様子、爪先や女性の場合は化粧といったその人の身なりはどんな仕事をするのかを判断する非常に大事な要素になります。
また、人事では実際の仕事の評価を数字で表すことも出来るようになっています。
例えば、グラフ化したり、仕事の内容を評価できるような表を作ることによって、仕事の出来をモニタリングすることが出来ます。
例えば、1つの仕事に対して何処から何処までをどれくらいの時間を掛けて行うのが適切なのかをある程度数字によって見える化させておき、その数字が高くなればそれだけ仕事が出来ると評価できるようにしておけば、その人の仕事っぷりを把握することが出来ます。

モニタリングはインターネットでもできる

また、人からの評価というのも非常に大切な要素になり、いくらインターネットの普及により、自宅で仕事が出来るようになってきており、人と会わなくても情報のやり取りが行えるから、それ程その人のことが分からない状況でも無理なく仕事を進めることが出来るとは言えども、機械の操作は人間が行う物ですから、操作する人の性格によっても仕事の出来が変わってくるもので、パソコンの画面上だけでのやり取りだったとしても、やはりそこには人同士の繋がりがあるのですが、人当たりが良いと感じられるような文面を作れるスキルや、実際に合った時のその人の雰囲気といった事も大切で、人同士の繋がり方を上手に作り上げることが出来るような人のが会社全体の仕事のしやすさに繋がり、それが実際の利益にも繋がることから、その人自身の性格診断といったこともしておくと良いでしょう。