経営にお悩みの方への情報を発信するメディアです。

経営者が抱える人事の問題とは。

前のページへ戻る

従業員の正当な評価

経営者の多くが抱える人事の問題として、従業員の正当な評価というものがあります。
人を評価するというのは簡単なものではなく、全員が納得をする評価をするというのは不可能なことだといえます。

数字がはっきりと出る業務をしている従業員の評価というのは比較的優しい方で、営業であれば単純に売上が多ければそれだけ会社に貢献をしているということになり評価をしやすいものです。
それに対して経理といった数字でわかる成果を上げることができない部門の場合には、評価が難しく成果だけで評価をしてしまうと成果があらわれにくい部門から不満が出てしまいます。

また、数字だけで評価をするというのも万能なものではなく、その従業員の売上自体はそれほどではなくても周りに対するサポートが上手くて全体の士気を上げているという場合には単純な売上だけで評価をすることはできません。
売上が良くても唯我独尊タイプで自分の売上のためには周りの足を引っ張ることもいとわないという従業員は、売上だけで高評価をして良いのか疑問が残ってしまいます。

しかし、数字にあらわれない部分を評価するとなると主観的な評価となってしまいますから、数字を残しているのに評価をされないとなった従業員からすれば、個人的な好みで不当に低い評価をされていると思われしまってモチベーションの低下につながってしまうことになります。

実際に周りの士気を下げるようなやり方をしていたとしても、はっきりとした失点となるような働き方をしていることはまれですから、数字以外の部分で減点をするのは難しくかと言って数字だけで高く評価をして良いのかというジレンマが発生してしまいます。

人事問題を抱える経営者の役割

人は誰しも多かれ少なかれ自分の仕事を認められたいと思っているものであり、自己評価と他者の評価が食い違っていれば不満をいだいてしまうものです。
更に他の人と比較をして不当な評価をされていると感じると仕事に対するモチベーションも低下をして、引いては会社の業績に対して悪影響を及ぼすことになります。

それだけに経営者としては、できるだけ公平で従業員全てが納得をできる評価をしなければならないのですが、絶対的な評価の基準というのが存在しない以上は、全員を納得させる評価をすることは難しくそれによって不公平感が発生してしまうというのが経営者の多くが抱える人事の問題となっています。

人を正しく評価するというのは非常に難しいことであり、経営者にとってもっとも重要な仕事のひとつだけに人事の問題というのは大きなものになるのです。