経営にお悩みの方への情報を発信するメディアです。

働き方改革!人事から社内環境を改善しよう!

前のページへ戻る

社内環境を改善し業績をアップする

業績を高めるためには社内環境を改善することが重要です。そのためには人事で行えることが色々とあります。
まずストレスの無い環境にすることで、業務効率を高めることができます。
業務効率は仕事の進め方など仕組み作りというアプローチからも必要ですが、それ以前に仕事に携わる人が快適に動ける社内環境を作ることが必要となります。
そのためには、困り事や不満などをすぐに相談できる窓口を作ることが役立ちます。
そのような部署があると分かっているだけでも安心できるという効果が期待できます。

人事も見落としてはいけない

次に人事評価に関して改善することが挙げられます。社員やスタッフが不満を持つ理由として多いのが、適正な評価をされていないということです。正しくは、納得できる形での評価が得られないことなので、まずは評価基準を明確に定めることが大事です。
たとえ低い評価だとしても、何が課題なのかを知ることで納得できますし、目標も立てやすくなります。
そして社員やスタッフが十分にその能力を生かせるような人材配置が必要です。適材適所を行うわけですが、そのためにはまずそれぞれの能力やスキルを十分に把握する必要があります。

今いる人材を最大限に活かそう

これは人事評価ともリンクしますが、会社全体という視点から最大限に人材を生かせるような配置を目指す必要があります。
というのも、能力を優先して配属先を決めてしまうと、部署によって人員に偏りが出てしまうからです。
そしてもう1つ大切なことは、新たな能力開発に取り組むということです。これは働く人のやり甲斐を引き出すことにもつながります。
そのためには、会社から部署に配属することでスキルを高める環境を提供するアプローチと、本人から希望を聞き出すという2つのアプローチが必要になります。
その結果配属先の選択肢が増えることによって、偏ることなく人材配置が行えることになります。
さらに人材教育の環境作りにも取り組むことが有効です。定期的に研修を行ったり、あるいは希望する人が自由に参加できるような講座を用意するといった工夫を行います。
常に学べる環境を作ることで会社全体の能力が高まり、業績も向上します。
そして業務における評価とは別に、能力開発に対しての評価を行うことも重要です。それを給与に反映させることで、やる気を引き出すことにつながります。
このように人事が行えることは実に多くあることが分かります。
大事なことは、社員やスタッフがやる気を持って業務に取り組める環境を作るということです。