経営にお悩みの方への情報を発信するメディアです。

企業・大学等と連携し、データサイエンス、AIの中核人材の育成を実現するための一般社団法人サーキュラーエコノミー推進機構を創設 〜Circular Economy Organization[通称CEO]は日本の循環型経済の実現を目指します。

前のページへ戻る

べての産業を横断して、 データがビジネスを変えていく転換期にあって、 真のデータサイエンティストの育成は急務であるとの認識のもと、 一般社団法人サーキュラーエコノミー推進機構(CEO:Circular Economy Organization 理事長:望月晴文)を設立し、 企業と大学等が連携して実践的な優秀なデータサイエンティストの人財育成を行う基盤をつくり、 日本の循環型経済の実現を目指すべく活動を開始しました。 http://ceoc.or.jp

■CEO設立趣旨

現在、 IoT、 ビッグデータ、 モバイル、 クラウド、 AI など、 情報技術の革新的発展により、 すべての企業あらゆる産業が変革の時を迎えています。 それら新しい産業を支えるための人財育成をはじめ、 循環型経済の実現に向けた情報提供や開発提言などを行う組織としてCEO (Circular Economy Organization) を創設しました。 21世紀、 資源の有効利用という観点から循環型経済社会への政策はグローバルな課題であり、 指数関数的に拡大していく情報データを最大限有効に活用することこそが究極の循環型経済の実現だと考えます。 我々が最初に目指すところは、 これらの問題群に取り組む先鋭的な大学組織と幅広い業種の企業の連携による人材育成改革です。

■CEO概要
名称:一般社団法人サーキュラーエコノミー推進機構
英文名称:Circular Economy Organization(CEO)
ロゴマーク:

設立年月日:2018年3月1日
所在地:東京都渋谷区広尾2丁目3番14号
ホームページ: http://ceoc.or.jp

■CEO役員
理事長:望月 晴文(東京中小企業投資育成株式会社 代表取締役社長 元経済産業事務次官)
特別顧問:安西 祐一郎(独立行政法人日本学術振興会 理事長 AI技術戦略会議議長)
専務理事:宮内 淑子 (株式会社ワイ・ネット 代表取締役社長)
理事:江川 昌史(アクセンチュア株式会社 代表取締役社長)
理事+Executive producer:北川 高嗣(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授)
理事:寺崎 明(アシュリオンジャパン・ホールディングス合同会社 職務執行者会長 元総務審議官 一般財団法人情報通信振興会 理事長)
理事:吉見 俊哉(東京大学大学院 教授 前東京大学副学長 ハーバード大学ライシャワーセンター特別客員教授)
監事:菅谷 貴子(弁護士/松蔭横浜大学大学院法務研究科 准教授)

■アドバイザリーボード CEO参画大学 (五十音順)
清木 康(慶應義塾大学大学院 教授/日本データベース学会 会長 前同大学院政策・メディア研究科委員長)
櫻井 鉄也(筑波大学人工知能科学センター センター長/同大学院 教授)
佐倉 統(東京大学大学院情報学環 学環長/同大学院 教授)
宮地 充子(大阪大学大学院工学研究科 教授/北陸先端科学技術大学院大学 教授)
山口 高平(慶應義塾大学人工知能ビッグデータ研究センター長/同大理工学部 教授 元人工知能学会長)
山敷 庸亮(京都大学大学院総合生存学館 総合生存学専攻長/同大学院 教授)

■CEO理事会員 (五十音順)
アステラス製薬株式会社
アクセンチュア株式会社
株式会社NTTドコモ
MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社
JX金属株式会社
JSR株式会社
日本航空株式会社
株式会社日立製作所
ヤマトホールディングス株式会社
※今後もCEOの趣旨に賛同頂ける先端的企業に参画頂き基盤の拡充を図っていきます。

■CEO一般会員
日本生命保険相互会社
※今後CEOの趣旨に賛同頂ける企業に参画頂き組織の充実を図っていきます。

■CEO設立理念
・これからの産業界に必要な人財育成
・これからの産業界及び社会への貢献
・学ぶ人の成長支援

■CEO事業内容
大学・研究機関等へ向けたデータサイエンティスト育成プログラムの実施。 会員企業への推薦等CEOプログラム受講者への就職支援(就職率100%を目指します)。 大学・研究機関・学生等と企業との情報交流。 会員企業へ人材支援、 人材育成支援、 情報の提供と交流などを通して、 日本の循環型経済の実現に向けた貢献。

■CEO組織

■CEO実施体制

■CEOデータサイエンティスト育成プログラムの概要
本プログラムでは、 様々な専門性を有する大学・研究機関の学生および研究者が、 参加企業の実際のビジネス・ケースを題材として、 実業務データ、 各企業で用いているシステム・ツールを活用しながら企業のデータサイエンティストやエンジニアと共にビジネス課題を実践的に解決していきます。 このプログラムを通じて、 実社会で活きる課題解決力、 新規サービスの提案力を養い、 企業のデータサイエンティストと学生が共同作業を進める中で、 学生、 企業間のギャップを埋め、 学生が高度人材として企業に就職することを目指します。