経営にお悩みの方への情報を発信するメディアです。

人材が集まらない!そんな経営者にお勧め

前のページへ戻る

Confirmation

企業は人と言われますが、その人が集まらないと嘆く経営者は多くいます。求めるスキルを持つ人材が採用できないと嘆くわけですが、その実情を見ると改善の余地はありそうです。まず昨今の人材募集は即戦力を求める傾向があります。人件費削減のために派遣社員を多く採用し、社内に人的なノウハウが蓄積されないことによって、すぐに成果を出せる人材を必要とするわけです。けれども本当に優秀な人材というものは、そのような短期的な見通しのもとで募集される求人情報には興味を示さないものです。優秀な人材を求めようとするならば、短期的な思考から長期的なプラン策定に目を向ける必要があります。つまりどんな人材を集めるかではなく、どんな会社にしたいのかを定めるということです。

とは言っても、変化の早い世の中でじっくりと人材教育を行う余裕はないものです。けれども人を育てる土壌がなければ、優秀な人材は定着しません。長く活躍する人材というものは、自分の働きで会社をどのように変えることができるのかを楽しみにしているものです。つまり会社にその変化を受け入れる覚悟がなければ、優秀な人材を確保することは難しいというわけです。つまり会社は人材と共に成長するものであると認識して、人材募集を行うことが必要です。多くの中小企業はそこまでの余裕はないと考えるために、なかなか人材を育てようという土壌が育たないのです。まずは人材が自由に活動できる環境を与えること、そして自由にそれぞれが求める仕事に従事できるようにすることが大切です。

良い人材というのは自分なりの理念を持っているものです。例えば多くの収入を得たいというのは、理念ではありません。仕事を通して自分が何を提供できるのかを定めるのが理念です。そしてそのような理念を持つ人材は、会社を大きく育てることができます。つまり優秀な人材が共感できるような理念を掲げることが必要というわけです。つまり人材を確保するためには、まず会社の理念をはっきりと掲げること、そしてそれに共感を覚える人材を採用するということです。会社はそこで働く人材と共に大きく成長するものだと知っておくことが大事です。理念を持った人材を集めれば、自然と会社もその理念を追求する組織になっていきます。そしてその多くが社会に必要とされる存在になるものです。